おすすめプログラミングスクール

PHP/Laravelの学習法とプログラミングスクールおすすめ2校徹底比較

PHPのフレームワークLaravelとは
AIジョブカレ公式

1.PHPと、Laravelとは?

PHPはWeb開発に非常に多く使われてきたプログラミング言語です。
エンジニアの転職エージェントなどを運営するレバテックの調査によると、
業務委託案件の約2割がPHP案件で、
プログラミング言語でも第2位だそうです。

Webサイトを作る際によく使われる「Wordpress(ワードプレス)」も
PHPで書かれているなど、Web上で普段目にするものの大半でPHPが動いているのではないでしょうか?

PHPがこれだけ選ばれる理由に
「(C言語と比べた)とっつきやすさ
拡張性の高さ
が挙げられます。

また、長い間使われているため、
資産が多く残っていることも挙げられます。

あるいは、昔から使っているから、
PHPを使わざるを得ない、他の言語に切り替えコストが大きい、
という面もありますが・・・

いずれにせよ、
幅広く使われていて、
とっつきやすい言語であり、
仕事も多い、
という習得してあまり損をしない言語として今も君臨しています。

Web開発といえばRubyじゃないの?

Web開発といえば「Ruby on Rails」と思い浮かんだ人は、
プログラミングについて勉強したことがある人かもしれません。

Web開発はRailsというフレームワークが使える、
Rubyを好む人たちも数多くいます。

Railsを使う理由は、開発コストの低減です。

管理画面の設計、
データの渡し方、
ログインの設定、など、
面倒な繰り返し作業をほとんどすることなく
Webアプリの構築ができるようになる仕組み、

「フレームワーク」といいます。

Railsはそのフレームワークで、
機能が他のフレームワークより優れているので、
よく選ばれていました。

PHPにもCakePHPといったフレームワークがありましたが、
Railsほど注目されませんでした。

しかし、Laravelの登場により、
PHPの注目がまた上がってきています。

Googleの検索数で、フレームワークの注目度を測りますが、
PHPのLaravelは非常に伸びがよく、
世界的に注目されているフレームワークとなっているのです。

そのため、
多様な可能性を持つPHPを習得し、
そのフレームワークのLaravelを習得できたら、
今後エンジニアとして仕事をする上でも、
多様な可能性を手に入れられるのではないかと考えられます。

2.独学するなら?

まずは、簡単にどんなものかを見てみたい、という人は本を読んでみるのがおすすめです。

Web上の情報はパーツとしては役立ちますが、
全体を俯瞰して、それから個別のことを学んでいくには向きません。

その点、本はサラッと全体を読んで、どんなことをやるかを把握して、
それから気になるところを読み直して、
実際にプログラミングしてみる、という手順を踏めます。

そこが初学者にも良いところですね。

3.Udemyを見る

Udemyは世界で2000万人以上の人が使っているオンラインの動画講座です。

特にプログラミングの講座が多く、その中にはPHPの入門や、
Laravelに特化したものなどが含まれています。

PHP初心者で、Laravelをまずは動かしてみたい、
という人には、
【2日でできる】はじめての PHP 7 x Laravel 5.5 入門
がおすすめです。

PHPの基礎からスタートして、データベースとLaravelについて学び、
「ログイン機能付きの書籍管理アプリ」を作成するのが、
本講座のゴールです。

このように一度自分の手を動かして、
きちんと動くプロダクトを作ってみるのはおすすめです。

Udemyにはそのような、
簡単なプロジェクトからスタートして、
徐々に複雑になっていくスタイルのものが多くあるので、
気になるものがあればぜひチェックして、
実際にやってみてください。

4.Laravelを使えるようになりたいなら「テックアカデミー」

オンラインでPHP/Laravelコースを提供しているのは、
TechAcademy [テックアカデミー]」です。

Tech AcademyはWeb上の教材をすすめながら、
困ったところは現役のエンジニアに相談できる、
時間と場所を選ばず、かつ、質の高いプログラミング教育を提供している、
評判の良いプログラミングスクールです。

特に、PHP/Laravelのコースを持っているのは、
2018年現在だとTech Academyと後述するTech Boostだけです。

特に就職にPHP/Laravelを使うきはないけれど、
質の高いメンターについて効率よく学習したい、
という人に特におすすめです。

4週間12.9万円(学生8.9万円)という価格の安さも魅力です。

<PHP/Laravel講座の価格表>
テックアカデミーPHP/Laravel講座の価格表

無料体験講座もあるので、
まずはお試ししてみて、自分にあうなと思ったら受講してみるのがいいでしょう。



5.Laravelを使えるエンジニアとして転職したいなら「テックブースト」

PHP/Laravelを習得して、PHPエンジニアになりたい、
という人は、「Tech Boost」一択です。

前述の通り、PHPは求人数も業務委託の案件数もNo.2のプログラミング言語です。

しかし、PHPをプログラミングスクールで学んだとしても、
採用されるかはまた別の話。

次は転職エージェントの営業力や、
履歴書・業務経歴書・面接対策などのサポートが重要になってきます。

テックブーストを運営するBranding Engineerは「テックスターズ」「MIDWORKS」「イッカツ」といった、エンジニアの転職支援サービス、フリーランスエージェントも運営している会社です。

そのため、他のプログラミングスクールと比べて、
就職・転職に関するサポート力、
転職案件をとってくる営業力などは上を行っています。

そのため、PHP/Laravelの使える正社員エンジニアを目指す人には、
テックブーストが非常におすすめです。

こちらも無料体験会、説明会を実施しているので、
実際に話を聞いてみるのがいいでしょう。

より具体的にどのような学習をして、
どのような成果を出して、
どのような企業に就職できるのかがわかるようになるはずです。

詳細ページテックブースト公式ページ

AIジョブカレ公式