Microbit

Micro:bit(マイクロビット)でロボットカー!Bit:Bot(ビットボット)購入レビュー

AIジョブカレ公式

Bit:Bot(ビットボット)でMicro:bit(マイクロビット)を車にして動かす

Microbit(マイクロビット)はイギリスで開発された、教育用のマイコン基板です。

USBにつなぐだけで簡単にプログラミングの学習ができてしまう手軽さと、1つ2000円という価格から、日本でも利用が拡大しています。

基盤だけでもScratch、Javascript、Pythonと多様なプログラミング言語でマイクロビットを動かすことができます。今回、玄人志向から、マイクロビットを載せて車にできるきっとBitBot(ビットボット)のセットが発売されたので、購入してみました。

注文はAmazonでしました。

玄人志向のキワモノシリーズ。キワモノシリーズは、初期不良以外交換不可能のタイプのことです。内容に問題はありません笑

玄人志向KR-MBBOT

中身を開けると、プチプチで梱包されていました。マイコンも一応精密機械なので、安心です。

 

中身がこちら。マイクロビット、ビットボット、超音波センサー、玄人志向指南書、ライントレース用のシートが付属品です。

ライントレース用のシートを開くとこんな漢字です。八の字を回るようにできます。ライントレースはロボットプログラミングの中では定番ですね。

マイクロビットはこんな感じ。普通です。

肝心のロボットカーキット、ビットボット(Bit:Bot)は?

さて、いよいよロボットカーキットのビットボットを開封します。今回は、これを目当てに購入したといっても過言ではありません。

なんせ、LED、モーター、超音波センサーがついて、マイクロビットを指すだけで使えて、約8000円という安さなのです。購入の手軽さから言って、学校の部活や授業でも使いやすいんじゃないでしょうか?

こちらも、プチプチで丁寧に包まれています。

あけてみたら、ロボットカーの基盤と、電池ケース、前輪のローラー、後輪が2つはいっていました。

後輪駆動で、前輪は全方向に移動可能なボールローラーになっています。

そのため、その場で回転とか、自由にできそうですね。

 

組み立てはプラスドライバーだけで簡単

さて、組み立てます。

 

今後の予定

今後以下のようなコンテンツを製作予定です。

 

1.ビットボットでLEDを点滅させる

2.ビットボットでロボットカーを走らせる
(前進、後退、停止、カーブ、信地旋回、超信地旋回など)

3.ビットボットと超音波センサーで距離を測る

4.ビットボットで自動ブレーキシステムを作る

5.ビットボットでライントレース

 

AIジョブカレ公式