おすすめプログラミングスクール

TechBoost(テックブースト)徹底解説!正社員エンジニアを目指す人にイチオシのプログラミングスクール

PythonとAIのプログラミングスクールAIジョブカレ公式

TechBoost(テックブースト)徹底解説!正社員エンジニアを目指す人にイチオシのプログラミングスクール

Tech Boost(テックブースト)は、
エンジニアの転職支援の専門企業が作ったプログラミングスクールです。

そのため
正社員エンジニアになって、人生を大きく変えたい」という人に
特におすすめです。

本記事ではTech Boost(テックブースト)を受講しようか悩んでいる人が、
受講すべきかどうか分かるように、解説と口コミなどの評判をまとめました。

Contents

Tech Boost(テックブースト)とは?
まずは簡単な特徴のまとめ

テックブーストは教育の質向上に余念がない

テックブーストとは、3ヶ月以上の受講後に、実践的なプログラミングを通じて、
課題解決能力を磨くプログラミングスクールです。

受講後にエンジニア正社員を目指すこともできますし、
会社の業務にプログラミング経験を活かす、ということもできます。

実際受講者の中でエンジニア正社員を目指す人の割合は3割ほどで、
多くは業務に以下に活かすか、教養として学びに来る人だそうです。
(テックブースト山口校長談)

テックブーストを運営しているのは、Branding Engineerという、
エンジニアの就職から、転職、独立までを支援している企業。HR×Technologyにより、人材業界を革新しようとしているベンチャー企業です。

Branding Engineerは会社の体制がスクール事業に依存していません。

テックブーストでレベルの高い卒業生を出せれば、
転職支援事業も高い価値を生み出せるようになります。
そのため、現状、スクールの質を高めることに余念がないようです。

また、受講している途中で経営体制が傾く、といった危険性がない、
信頼できるスクールと言えるでしょう。

  1. 運営企業がエンジニアの転職支援をしていて、エンジニア正社員への転職に有利
  2. Web開発コースとエキスパートコース(AI,IoT,ブロックチェーン)がある
  3. 受講生の「目的・やりたいこと」に最適化できるよう、オーダーメイドカリキュラム、オンライン・オフライン両対応している

Tech Boost(テックブースト)は転職にも強いプログラミングスクール

Branding Engineerという、エンジニア就職支援の専門企業。フリーランスエンジニア、エンジニアの転職、新卒・第二新卒の就職支援をしています。

プログラミングスクールの中で就職サポート力がダントツ

通常のプログラミングスクールは、転職エージェントなどと提携して、受講生の就職サポートを直接は行っていません。そのため、エンジニア派遣の企業を進められることも多く、受講当初の目的と、就職が合致しない可能性もよくあります。

もちろん、派遣企業で修行を積む、という考え方もありますが、自社サービスを持つ企業の正社員のほうがプロダクトへの責任も持て、やりがいがあり、就職を希望する優秀なエンジニアも多いです。

実務未経験エンジニアから入社後に、どのように成長するか考えていくと、優秀なエンジニアが周りにいるほうが望ましいです。そのため、エンジニア派遣の会社よりは正社員エンジニアになれたほうがいいでしょう。

テックブーストのコースはWeb開発とブロックチェーン、AI、IoTの4種類

テックブーストはメインのRuby、PHP、Javascriptを学ぶ「Web開発のコース」と、
ブロックチェーン、AI、IoTの専門家を目指す、
「ブロックチェーンエキスパートコース」
「AIエキスパートコース」
「IoTエキスパートコース」
の4つがあります。

Web開発のコースで学べること

Ruby on Rails, Javascript(React, jQuery,Vue.js),PHP(Laravel),Python(Django)を学ぶことができます。

どれも、Web開発エンジニアになったときには大いに使える、
需要の高いプログラミング言語です。

コースは3ヶ月以上で、3部構成になっています。

  1. 基本を学ぶベーシックターム
  2. 実践的なディベロップターム
  3. 先端技術に入門するイノベーティブターム

 

1.ベーシックタームで基礎をマスター

ベーシックタームでは、エンジニアになるための基礎的な学習を行います。
Ruby、PHP、Javascript,Pythonのメイン言語の他に、Webの基本となるHTML、CSSや、プログラム開発のバージョン管理に使うGitを学びます。
ここで基礎を叩き込むことで、自分の作りたいアプリ開発をすることができます。

2.ディベロップタームでオリジナルアプリの開発

PHP・Laravel実践、Ruby on Rails実践,Python・Django実践など、実践的なカリキュラムです。
実際のWebアプリ開発を、エンジニアのサポートを受けながら行います。

3.イノベーティブタームにAI、IoT、ブロックチェーンといった、先端技術を学習

AI(人工知能)、IoT、ブロックチェーンのいずれかを学習します。先端技術をどのようにキャッチアップするかというのが中心です。
エンジニアとして仕事をしていると、どうしても最新の技術を学び続ける必要があります。
一通りWebエンジニアとして必要なことを学習したあとに、先端技術を学ぶことで、学び続ける姿勢を養う狙いがあります。

ちなみに、イノベーティブタームのAI,IoT,ブロックチェーンは入門編、
エキスパートコースは別途、専門的なスキルを磨くコースで、別のものです。

エキスパートコースは6ヶ月かけて専門スキルを実践的に身につける

テックブーストには、AI, IoT, ブロックチェーンのエキスパートコースがあります。
それぞれ6ヶ月かけて、その道の専門家の講義を受けながら、実際にアプリケーション開発をして実践的に学習するコースです。

実際にアプリケーション開発をするので、自分のポートフォリオもできます

ブロックチェーンのギーク「Crypt Currency Lab」に学べる、ブロックチェーンエキスパートコース

ブロックチェーンは仮想通貨などの金融ジャンル(フィンテック)、
スマートコントラクト(オンラインで完結する契約書)、
選挙に使う電子投票など、様々なジャンルでの活用が期待されています。

しかし、AIの技術者が不足しているのと同様にブロックチェーンの技術者も足りていません。そのため、ブロックチェーンを学ぶことで今後エンジニアとして活躍の場が広がります

初級編・中級編・上級編の3部構成で、ビットコインの歴史や思想、DApps開発やPoWなどブロックチェーンを学ぶ上で外せない基礎知識から、solidityを用いたコードの読み書きなど実践的なところまで行なっていきます。

・専門家による月3回の集中講義
ブロックチェーンの専門家を講師に迎え、2時間/回の講義を行います。
・ライフスタイルに寄り添うサポート体制
講義に加え、独自システムを用いたオンライン学習で、場所や時間を問わず学習することが可能です。
・経験豊富なアドバイザーによるキャリアサポート
エージェントが受講終了後の就業までのキャリアをしっかりサポートします。

【2019年4月最新版】
テックブーストの受講期間と費用は?

テックブーストは最短3ヶ月の受講期間です。
その後1ヶ月単位で延長することができます。

渋谷の校舎で受講するオフラインのコースと、オンラインのコースがあり、
値段が若干ことなります。

社会人 学生
tech boost
オフライン(渋谷)
入学金 219,800円
月額 29,800円
<総額>
3ヶ月で309,200円
半年で398,600円
入学金 149,800円
月額 19,800円
<総額>
3ヶ月で209,200円
半年で268,600円
tech boost
オンライン
入学金 134,800円
月額 29,800円
<総額>
3ヶ月で224,200円
半年で313,600円
入学金 97,800円
月額 19,800円
<総額>
3ヶ月で157,200円
半年で216,600円

テックブーストは2019年に価格変更をしました。それまでは月額10万円(学生7万円)でした。しかし、テックブーストは「本業を辞めずに、プログラミングを身につける」ことをベースにしたプログラミングスクールです。本業があると、どうしても3ヶ月で身につけられることには限りがあります。そのため4ヶ月以上の学習をできるように、また、関心のあるジャンルに手を伸ばせるように、長期受講がお得になる価格設定になりました。

基本は教材を与えられて自走していきます。
質問などはSlackで現役エンジニアが対応します。

カウンセリングは無料テックブースト公式ページへ

 

Tech Boost(テックブースト)に向いていない人は?他の選択肢は?

テックブーストは、Web開発コースとブロックチェーンコース、エキスパートAIコース。IoTコースがあるプログラミングスクールです。逆に言えば、それ以外のことを学びたい人は、Tech Boostに向いていません。

データサイエンティストになりたい

エンジニアとデータサイエンティストは役割が違います。
データサイエンティストになるには、PythonやRといったデータ分析に強いプログラミング言語と、SQLなどDBを使いこなす必要があります。
そのため、それらを中心にしたスクールで、データサイエンティストから学ぶほうがいいでしょう。
データサイエンティストを目指していて東京に通える人はDataMixがおすすめです。

Web開発ではなく、ロボットや組み込みシステムの開発に関心がある

Tech BoostはWebアプリ開発が中心のスクールです。そのためロボットや組み込みシステムを学ぶことはできません。

ロボット技術は専門学校や大学へ行くのが良いですが、汎用的なプログラミング言語のJavaを学んで、組み込みシステムの企業へ行くのも1つの道です。Javaを学んで転職するなら、リナックスアカデミーがいいでしょう。

30歳未満でJavaかPHPを学んで就職したい

かなり限定される内容ですが、GEEK JOBがおすすめです。
30歳未満であれば、GEEKJOBを受講して、無料でJavaかPHPのエンジニアになれます。

起業に向けて、DEMODAYのあるスクールに行きたい

Tech Boostは自分の作ったアプリを企業のCTOの前でプレゼンするDEMODAYがありません。
そのため、DEMODAYを体験したい人は、DIVEINTOCODEや、Tech Academyがいいでしょう。

Tech Boostに向いている人や、選ぶ決め手は?

Web系の正社員エンジニアになって、人生の選択肢を広げたい

Ruby、PHP、Javascript、Pythonは日本でWeb開発の需要がたくさんあるプログラミング言語です。

Moneyforward、CookPad、Wantedly、、、など、名立たるWeb系ベンチャーがRuby on Railsを使っています。他にもWeb系ベンチャー企業でRubyを使っている会社は多く、需要も豊富です。

また、PHPはWeb系で最も使われているプログラミング言語の1つです。さらにWeb開発フレームワークのLaravelは現在注目度が急上昇しているWeb開発ライブラリです。今後活用が広がる可能性がかなり高く、今習得しておく価値も高いでしょう。またWordpressもPHPを使っていることから、中小企業のホームページ受託開発にも大いに使えます。

Javascriptは、フロントエンドエンジニアに必須のプログラミング言語。進化が早いので、最初から最新技術に触れられるのは案外有利に働きます。特にReactはiPhoneアプリやAndroidアプリの開発にもつながる汎用性の高さが魅力です。

人工知能、ブロックチェーン、IoTなど先端技術を学び、活用する方法を考えられるようになりたい

2週間のイノベーティブタームで、人工知能、ブロックチェーン、IoTのいずれかを選択して学ぶことができます。
あくまでも2週間なので、簡単なアプリを作ってみるようなレベル感です。仕事まではいきません。

ただし、新しい技術をちょっとずつ学習することで、自社製品に活用することができるようになるでしょう。

エンジニアの世界は、技術の進化が早いです。テックブーストは同じ会社でエンジニアの転職支援をしている経験上、学び続けられるエンジニアであることを重要視しています。エンジニアとしても面白い仕事をする上でとても重要です。
そのため、イノベーティブタームで最新技術を扱うようにしているのです。こんなプログラミングスクールは他にないです。

ブロックチェーン, AI, IoTを学んで専門性の高い競争力のあるエンジニアになりたい

Tech boostのブロックチェーンコースはブロックチェーンの専門集団であるCrypto Economics Labの監修を受けています。

ブロックチェーンは注目度が高く、まだ活用が進んでいない技術のため、起業にも向いています。これは、AIやIoTについても同様です。

今後需要が大きく高まると同時に、エンジニアへの報酬も上がる分野となるでしょう。海外での活躍の場も広がります。

現役のエンジニアにプログラミングを教わりたい

エンジニアが不足している中、プログラミングスクールの講師を引き受けてくれるエンジニアを探すのも大変です。そのため、スクールの卒業生をそのままメンターにするようなスクールもあります。

Tech boostは40名以上の現役エンジニアが講師、メンターにいます。
教わるなら、質の良い先生に学ぶのが一番です。現役エンジニアがメンターや講師にいるスクールを選びましょう。

自分のやりたいことに対して、最適な形で学習をしたい

テックブーストは、
オンライン/オフライン両対応
フルオーダーメイドカリキュラム
のプログラミングスクールです。

これは受講者が自分にあった形で学習を進められるようにしているためです。

画一的な教育で、同じようなプロダクトを作れる受講生を量産するのは、プログラミングスクールにとっては効率が良いのかもしれませんが、受講生にとって最適とは限りません。

しかも、スタート時はRubyのコースしかありませんでしたが、
PHP/Laravelコース、Javascript(jQuery/React)コース、
ブロックチェーンコース、AIコース、IoTコースと、どんどんコースを拡大して、
より多くの選択肢を提供できるようにしています。

メンターとともにオリジナルアプリの開発をできること、
場所にとらわれないオンラインコースを用意していることは、
受講生の目的達成を第一に考えている証拠です。

 

まとめ:Tech Boostは正社員エンジニアを目指したい人におすすめのスクール

Web系の正社員エンジニアになりたい、
ブロックチェーンエンジニアになりたい、
先端技術も入門しておきたい、
自分のやりたいことにあった技術を学びたい、
近くにプログラミングスクールがなくオンラインで学びたい

上記のような希望を持つ人にとっておすすめのプログラミングスクールです。

まずは何を目標に学習するべきか、「無料カウンセリング」を受けてみましょう。無理な営業をされることもないので安心してください。

テックブーストの特徴まとめ

学習コース Web開発コース
ブロックチェーンエキスパートコース
AIエキスパートコース
IoTエキスパートコース
受講期間 3ヶ月〜
受講費用 入学金 219,800円(オンライン:134,800円)
月額 29,800円
<総額:オフライン>
3ヶ月で309,200円
半年で398,600円
<総額:オンライン>
3ヶ月で224,200円
半年で313,600円
学割 入学金 149,800円(オンライン:97,800円)
月額 19,800円
<総額:オフライン>
3ヶ月で209,200円
半年で268,600円
<総額:オンライン>
3ヶ月で157,200円
半年で216,600円
プログラミング言語 Ruby(Ruby on Rails), PHP(Laravel), Javascript(React, jQuery,Vue.js), Python(Django)
Git, HTML, CSS
講師 現役エンジニア
特徴 正社員エンジニア転職に強い
イノベーティブタームでAI, IoT, ブロックチェーンを学べる
無料のカウンセリングあり

カウンセリング無料テックブースト公式ページへ

PythonとAIのプログラミングスクールAIジョブカレ公式