Python学習・スクール・講座

自然言語処理を学べるプログラミングスクール4選徹底比較

自然言語処理を学べるPythonプログラミングスクール比較
PythonとAIのプログラミングスクールAIジョブカレ公式

自然言語処理を学べるプログラミングスクール4選徹底比較

 

自然言語処理とは?

自然言語処理とは、文字の通り自然言語を自動で処理するための技術です。「自然言語」とは「プログラミング言語」との対比で生まれた分類で、人間が日常的に会話や文章に使う言葉のことを意味しています。自然発生し変化を続けていることから、様々なバリエーションや特殊事例があります。

「プログラミング言語」はPythonやC++、Javaなど、プログラムを作るのに使う言語のことです。人間とコンピュータをつなぐための、一定のルールに基づいて運用されているものです。

自然言語処理が発展した時の活用事例は?

自然言語処理の代表的な分野に、
・機械翻訳
・検索エンジン
・文章解析
・変換予測
・対話システム
などがあります。

特に、機械翻訳がわかりやすいです。例えば「英語と日本語の同時通訳」を実現するシステムは自然言語処理が使われています。(今はまだまだ精度に課題がありますが)

英語話者の発言を日本語に翻訳し、
日本語話者の発言を英語に翻訳できれば、
通訳なしでアプリケーション越しに自由な会話ができるようになります。

そうすると、英語をわざわざ学ばなくても、日本語をわざわざ学ばなくても、自分の母国語を使って、自由な会話ができるようになる、という期待がされています。

あるいは「対話システム」の活用例でわかりやすいのは「AIチャットボット」です。カスタマーサポートをAIチャットボットに置き換える動きはかなり加速しています。

例えば、「商品の説明がどこに書いてあるかわからない」という場合、わざわざ担当者に対応させなくても、AIチャットボットが質問内容を判別して、適切な説明をする、あるいは説明の書いてあるURLを送付すればそれで済みます。

カスタマーサポートの対応している質問の大半は単純な物が多いので、このようにAIで代替することで、人件費を削減したり、より担当者がクリエイティブな仕事をできるようにする、という運用がされています。

自然言語処理を学べるプログラミングスクールは?

自然言語処理には機械学習を用いることがほとんどです。そのため、ライブラリはPythonで書かれています。

代表的なものに、形態素解析をしてくれるMeCab、単語の意味をベクトル化するWord2Vec、文章の意味をベクトル化するDoc2Vecなどがあります。

これらを使って、ECサイトのレビューを分析したり、Twitterの分析をするのが、プログラミングスクールで学べる内容です。

Aidemy Plemium Plan

Aidemy Plemium Planはオンラインで学べる「Python×AI」特化型のプログラミングスクールです。

・Python × AI特化
・フルオンライン × フルオーダーメイド
・メンターの質が高いと好評
・自然言語処理コースがあり、オリジナルアプリを作成できる

Aidemy体験談Aidemy公式サイト

Data Mix

DataMixは6ヶ月でデータサイエンティストになることを目指す教室型のプログラミングスクールです。「会社に勤めながら、データサイエンティストへの転職を目指す」人におすすめです。

学習は4ステップ。
1.BootCamp:Python×機械学習、R×統計をみっちり学ぶ
2.BasicStep:機械学習と統計のProject Based Learning
3.Advanced:深層学習、自然言語処理
4.Integration:個別プロジェクト

・6ヶ月かけてみっちりデータサイエンス・機械学習を学ぶ
・自然言語処理を組み込んだオリジナルシステムを作成できる
・AI、データサイエンス系の転職支援が手厚い

DIVE INTO CODE機械学習エンジニアコース

DIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコースは、4ヶ月の短期集中型で機械学習エンジニアへの転職を目指すコースです。1ヶ月の事前自習期間と、3ヶ月の通学期間に分かれます。

3ヶ月の通学期間は渋谷の教室に毎日通学して、1日8時間以上学習し、600~1000時間の学習を行います。

・1ヶ月の自習期間後、集中した3ヶ月でみっちり機械学習を学習し転職する
・自然言語処理は4日分、2プロジェクトを通して学習

詳しい解説公式サイト

Tech Academy AIコース

Tech Academyはオンラインで学べるプログラミングスクールのうち、最も幅広いコースを揃えた大手スクールです。

その中のAIコースが、自然言語処理を含んだコースです。Amazonのレビューを解析するアプリケーションを作成します。

・フルオンラインで学習できる
・Amazonレビューの分析アプリを作成する

 

目的別!自然言語処理を学べるプログラミングスクールの選び方

自然言語処理を学びたい人は、
教養・関心」「就職」の2パターンがあると考えています。

・関心があって、自分でプログラムを組んでみたい
・言語を扱うので、教養として自然言語処理を学びたい
という人は、仕事をしながら受講できて、かつアウトプットを出すプログラミングスクールがおすすめです。「AidemyかDataMix」がおすすめです。

自然言語処理を学んで「就職」したい、という人のうち、
「仕事をやめて短期間で集中して学びたい」という人は「DIVE INTO CODEかAidemy」です。

教室がないとうまく勉強ができない、という人以外は「Aidemy Plemium Plan」を選択するのが良いでしょう。

オンラインで場所を選ばずに勉強でき、開発環境も提供してくれるため、ネット環境さえあればストレスなく学習を進めることができます。

またカリキュラムはフルオーダーメイドで、期間も選べるので、集中して短期間で学びたい人も、仕事の余暇でじっくり学びたい人も、どちらにも適しています。

無料カウンセリングがありここで、
どんなふうに勉強を進めていくか、
どんなアウトプットを出せるか、
業務への活用の仕方、あるいは就職先の候補
などをざっくばらんに聞くことができます。

そこで合わない、と思ったら他のスクールを選べばいいですし、合うと思ったら迷わず受けることをおすすめします。

まとめ:教室にこだわらなければ「Aidemy」がおすすめ

教室への通学にこだわらなければ、フルオンラインでフルオーダーメイドのカリキュラムを提供している「Aidemy Plemium Plan」を受講するのが一番あなたの作りたいものを作れて、身につけたいスキルを身につけられるでしょう。

教養としての自然言語処理だとしても、自然言語処理を学んで就職するにしても、オリジナルのアプリ開発をして、ポートフォリオがあることが非常に有用です。

まずは無料カウンセリングで、専門のカウンセラーに相談してみることをおすすめします。そこで受けるべきか、他を検討するべきか、ぜひご自身で審査をしてみてください。

PythonとAIが学べるオンラインプログラミングスクールAidemyプレミアムプラン
PythonとAIのプログラミングスクールAIジョブカレ公式