Udemy

UdemyでReact Nativeを使ったアプリ開発ができるようになる動画講座おすすめ2選

reactnative入門のudemy講座
AIジョブカレ公式

React Nativeとは?

React Nativeとは、Facebook社により開発されたJavascriptのライブラリです。
iPhone, iPadなどのiOSアプリやAndroidアプリを開発することができます。

しかも、iOS, Androidを同じJavascriptで開発できることから、
クロスプラットフォーム開発の効率が良い、という特徴があります。

また、Reactの思想である、
Learn once, Write anywhare
を反映しているため、Web開発でReactを使っている場合には、
より簡単にReact Nativeも習得できます。

ReactNativeは
Facebook, Instagram, Tesla, Uberなど、名立たる企業が採用しています。

 

React Nativeを勉強するには、本?それとも動画?

2018年10月時点で、React Nativeについて日本語で書かれた本は多くありません。

日本のAmazonを探しても、英語でもあまり本がないような状態です。

Javascriptは元々、非常によく使われるプログラミング言語です。

そのため、今の段階から先取りしてReact Nativeをマスターしておけば、自分の市場価値を高めやすいとも言えます。

Pythonを使って機械学習や人工知能プログラミングを行い、
WebサイトのフロントはiPhone, AndroidアプリはReact Nativeを始めとした
Javascriptで開発する、というのも近い将来一般的になっているかもしれません。

React Nativeを学べるUdemyの講座

Udemyには日本人の講師によるReactNativeの講座がいくつかあります。英語が得意な人は英語の講座を受けるのも選択肢の一つだと思います。

実践的!作って学ぶReact Native入門

実践的!作って学ぶReactNative入門は、
React Nativeで「Hello , World」を表示する、
初歩的なパートが無料公開されています。

その後に、
ToDo管理アプリ、
GitHubのリポジトリ検索アプリ、
画像投稿アプリ、
Twitter型のアプリ
などの開発を行います。

まずはこれらの比較的単純なアプリを、
手を動かして学ぶことで、
ReactNativeに慣れることができます。

React NativeでiOS/Androidアプリ開発をゼロから始めよう!

メモの作成、保存、編集ができるアプリの開発を通じて、
React NativeだけでなくHTML、CSS、Javascriptなど、
基本的な内容から学習するのが
React NativeでiOS/Androidアプリ開発をゼロから始めよう!
です。

実践的!作って学ぶReactNative入門と比べると、
制作するアプリの数が減っていますが、
代わりに初歩的な内容から丁寧に学習できます。

プログラミングにあまり自信がない、
というひとは
React NativeでiOS/Androidアプリ開発をゼロから始めよう!
から受講して、
実践的!作って学ぶReactNative入門に進んでいくのがおすすめです。

JavascriptやReactに自信がない人は、
まずはReactの講座を受けよう

UdemyはReactの講座も充実しています。

最短で学ぶReactとReduxの基礎から実践まで」では
Reactを基礎から学習します。

まずはReactを使ったWebアプリケーションを、
ホテルの検索機能開発を通じてマスターします。

その後、React Router, Reduxと使用するライブラリを拡充して、
Reactで作ったアプリケーションをより高度にしていく、
という流れです。

フロントエンドエンジニアのためのReact・Reduxアプリケーション開発入門」は、
すでにjQueryなどのライブラリを使ったことがある人向けの講座です。

Reactの基礎、Reduxの基礎を学んだあとに、
ReactとReduxを使ったアプリ開発をします。

外部サーバから定期的に情報を吸出し、
メンテナンスコストの低いアプリケーションを作る手法を、
手を動かしながら学ぶ講座です。

 

Reactを独学で学ぶ自信がない人は、
テックブーストの「Reactコース」も選択肢の1つ

Udemyの講座を受けたし、
本も読んだけど、いまいち仕事につながる気がしない、
あるいは、
独学するのが難しい、
という人はプログラミングスクールに通ってしまうのも1つの手段です。

お金は若干かかりますが、
あなたの貴重な時間を無駄にしなくて済みます。

Reactのコースを持つ「テックブースト」は、
エンジニアの転職支援サービスや、
フリーランスエージェントのサービスを運営する、
Branding Engineerが運営するプログラミングスクールです。

そのため、Reactを前線で使っているエンジニアと相談をしながら、
自分のオリジナルアプリ開発をすることができます。

オリジナルアプリが公開でき、ポートフォリオを作ることができれば、
転職したり、仕事を獲得する場合にも有利です。

まとめ:UdemyのReact Native講座の、
おすすめの受講の仕方

まずは、React Nativeについて概要を把握したい、
という人は、React NativeでiOS/Androidアプリ開発をゼロから始めよう!を受講するのがおすすめです。

独学でいくつかのアプリを開発したいけど、
まだReactの扱いが不安、という場合は、
最短で学ぶReactとReduxの基礎から実践までを受講してから、
実践的!作って学ぶReactNative入門を受講して、
4つのReactNativeアプリを開発してみるのがよいでしょう。

AIジョブカレ公式