Rubyスクール・講座

初心者でもRuby on Railsを仕事にできるスクール/教室おすすめ5選

AIジョブカレ公式

初心者がプログラミングを仕事にしたい、仕事に活かしたいと思ったらスクールに行くのがおすすめ

この記事は

「今流行のRuby on RailsをつかってWebアプリの開発がしたいけど、独学だとやりきれるか不安・・・」
「プログラミング未経験だけど、プログラミングをする仕事をしたい!」
「今のままだと給料が・・・ プログラマって、給料ちゃんと上がっていきそうだよね!」

という悩みを持った人、プログラミングを習得することによって、今後の人生を楽しくしたい、という人に向けて書いています。

正直、本や、独学向けサービスなど、無料でプログラミングを学習することは簡単にできます。

しかし、独学からプログラミングをマスターするのは大変です。
そして、独学から仕事に結びつけるのはもっと大変です。

困ったときにいつでも質問できて、エンジニアに就職したり、フリーランスで仕事を得たりするのをサポートしてくれる人がいたら・・・!

と思う人は多いです。

なので、今初心者でプログラミングを仕事にしたい人は、
プログラミングスクールに行くことをおすすめします。

プログラミングスクールに行くメリット

メリットは大きく2つです

1.一人で悩まなくてすむ

2.就職・転職のサポートがある

 

1.一人で悩まなくて済む

学習の悩み

プログラミングスクールでは、あなたが実際にプログラミングをしながら、どんどん高度な技術にチャレンジしていきます。

それが出来るように、教材や課題、フォローしてくれる先生(メンター)がいて、さらに周りには一緒に学習している仲間たちがいます。

「いつでも質問ができて、仲間がいる」
というのは、独学にはない大きなメリットです。

独学していると、1箇所のつまづきをクリアできずに1週間もやもやして、
結局あきらめてしまって、プログラミングが嫌になって・・・

という悪いサイクルが回ってしまうことがあります。

もしかするとそんな経験もあるかもしれません。

スクールであれば、10分考えてわからないことはすぐメンターに聞けばいいのです。
そして、あなたが理解できてなかったところを確認し、マスターしてすぐ次に進めます。

とても効率的です!

 

2.就職・転職のサポートがある

また、就職・転職のサポートをしてくれるのもポイントです。

どのような姿勢で学習したのか、どのような内容をマスターしたのか、スクールのメンターや担当者はあなた以上に熟知しています。

それを、転職先・就職先候補の会社に伝えてもらうことで、会社側も安心してあなたを受け入れることができます。

 

エンジニアとして就職するなら職業訓練校はおすすめできない

会社を離職し、失業保険の対象になっている人にとっては、「職業訓練校」というのが失業保険をもらいながら通学できるプログラミングスクールの役割をはたすかもしれません。

しかし、そもそもハローワークはエンジニアの就職を特に得意とはしていません。

一般論として転職サポートを受けることはできますが、未経験者が自分の学習してきたことをどうやって将来に活かすか考えることは難しいでしょう。

 

また、職業訓練校は、1年や2年といった長期間の受講になります。

そのため、現在失業していてできるだけ早く次の仕事に就きたいと思っている人は、受講期間も頭に入れておく必要があります。

 

 

Ruby on Railsを学ぶと、Webアプリ開発ができるようになる

まつもとゆきひろさんにより開発され、世界的にWeb開発で人気の言語となっている、Ruby(ルビー)。

2016年時点でも、Ruby開発者の平均年収は606万。

Python, Perlに次ぐ3位という調査があります。

人気の秘密は、Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ:通称レイルズ)という、Web開発向けのフレームワークがあることです。

Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ)は、Cookpad、クラウドワークス、freee、マネーフォワードのようなテック系の企業でもよく使われているメジャーなフレームワークです。

また、米国でもよく使われているので、将来エンジニアとしてアメリカに行きたい、と思っている人にも良い言語です。

 

なにより、プログラム言語としては、シンプルで学びやすい部類に入ります。

Webエンジニアになりたい、という人が学ぶには今の所Ruby on Railsを使えるようになる、Ruby(ルビー)を学ぶのがおすすめです。

 

Rubyを学んで仕事にできるおすすめスクール

Rubyは平均年収も高く、Fintech系のベンチャー企業を始め、Webに関わる企業で幅広く使われています。

そのため、Rubyを扱っているプログラミングスクールも多くあります。

その中でも、転職や就職、フリーランス支援などの実績があるスクールを紹介します。

 

WebCampPro(ウェブキャンププロ)は、「就職保証」のあるプログラミングスクール

ウェブキャンププロ

webcamp(ウェブキャンプ)は、渋谷に拠点のあるWebデザインとプログラミングのスクールです。

「3ヶ月でエンジニアに転職・就職」できるスキルを身につけられるのが特徴です。

3ヶ月の受講期間の間に、
1.インプット: HTML, CSS, Javascript, Ruby on rails
2.実践 : グループ開発
3.サービス開発 : 個人でオリジナルサービスの開発

を学んでいきます。

それと同時並行で、キャリアサポートも実施します。

費用は6ヶ月で400,000円

WebCampProでは、もし、学習修了から3ヶ月間の間に転職ができなければ受講料が全額返金されるという、
転職保証」もあります。

実際の転職成功率が98%ということなので、よほどのことがない限りは転職ができる、ということです。

リクルートエージェントやDODAなどの転職サービスで「第二新卒 Ruby」と検索したときに、
だいたい年収350万から出てきます。
また、数年働けば当然スキルアップとともに昇給していくので、Rubyエンジニアの平均給与600万円というのも見えてきます。

確実に転職できるのであれば、40万円というのも先行投資として決して高くありません。

現在派遣社員やフリーターなどをしていて、将来を安定させたり、より刺激的な仕事をしたい人にとって、
エンジニアへの転職は良い選択肢です。

エンジニア不足が叫ばれていることから、プログラミングスキルを身に着けていれば、未経験者だとしても正社員として就職できる可能性がかなり高くなっています。

また、エンジニアとしての実績が伴ってくると、フリーランスとして独立したり、より面白いサービスを開発している会社へ転職するなど、選択肢も広がります。

そういった意味でも、未経験からエンジニアへの就職までをサポートしてくれるWebCampProのようなスクールに通うのはおすすめです。

 

WebCampProは現在渋谷にあります。ハチ公前から5分程度のところです。

そのため、首都圏の人で、エンジニアを目指している人は、ぜひWebCampProの話を聞いてみましょう。

CTOの前でプレゼンするなど、サポートに定評のある「DIVE INTO CODE即戦力コース」

DIVE INTO CODEは、渋谷にあるプログラミングスクールです。

DIVE INTO CODEの特徴は教材のDIVERが公開されていることと、
DEMODAYというプレゼンイベントがあることです。

DEMODAYでは、自分の作ったオリジナルサービスを、企業のCTOや他の受講生を含めた観客の中でプレゼンします。

自分のサービスが自分以外の人にどう映るのか、という視点は、
プログラミングスキルだけではなく、マーケティングの観点からも重要です。

受講期間は6ヶ月で298,000円です。

DIVE INTO CODEも校舎は渋谷にあります。駅から徒歩10分くらいのところです。

DIVE INTO CODEで就業サポートを受けるには、Advanced Course(アドバンスコース)を、即戦力コース卒業後に受ける必要があります。

アドバンスコースでは、
1.キャリアカウンセリング
2.ポートフォリオ作成と初級エンジニアプロジェクトの参加
3.面接対策
4.就業・転職活動の開始
というステップを踏んでいきます。

アドバンスコースは4月からスタートするそうなので、今後どのような実績が出てくるのか楽しみですね。

 

独立支援の仕組みもある、オンライン・マンツーマン・オーダーメイドの3点揃った「侍エンジニア塾」

侍エンジニア塾は、
・オンラインで、
・フリーランスエンジニアからマンツーマンレッスンをうけられる、
・オーダーメイドカリキュラムで目標を定め突き進めていく
タイプのプログラミングスクールです。

フルオーダーメイドなので、Rubyに限らず学ぶことができますが、やはりRubyは人気のようです。

プログラミングはどうしても首都圏に集中しているため、オンラインで日本のどこからでも、あるいは海外からでも学ぶ環境が得られるというのはうれしいですね。

 

侍エンジニア塾では、最初にカウンセリングを受けます。

そのときに、
「自分がプログラミンを習得して何をしたいのか」
をカウンセラーと相談できます。

そのため、以下のような人に特におすすめです。

「エンジニアとして何がしたいかもやっとしている」
「エンジニアになりたいが、エンジニアが何ができるかはよくわかってない」

カウンセリングだけであれば、無料で受けられます。
上記のようなコンセプトの話を第三者としたい、という人で、特に東京に通うのが大変、という人は一度申し込んでみるといいかもしれませんね。

 

 

人材紹介のBranding Engineerが行うスクールTech Boost

Tech boostは、Branding Engineerというテック系人材業を行うベンチャーが運営しているプログラミングスクールです。

3ヶ月間のコースで、Ruby on Railsを習得するだけでなく、AI/IoT/ブロックチェーンなど、最先端技術にも触れられるのが特徴です。

エンジニアとして仕事をするときに、大きく問題になるのが、最新技術へのキャッチアップ

技術の進歩が加速している昨今では、特に重要なスキルです。

 

Tech Boostでは、就業してからも勉強を続けられるように、どのように最新技術をキャッチアップするか、というところまでカリキュラムに組み込まれています。

エンジニアとして就職してからも、より自分の価値を高められ、活躍の場が広がることを目指しているためです。

 

 

渋谷に通えて、確実にエンジニアになりたいなら就職・転職保証があるWebCampPro

やはり「就職・転職保証」があるというのは、未経験からエンジニアになる上でとても魅力的です。

どうしても、プログラミングスクールに行ったからと言ってすぐに実務で大活躍、という訳にはいきません。

むしろ、スクールの卒業はエンジニアとしてのスタート地点一歩手前。

本当のエンジニアとしてのスタートはエンジニアとして就職・転職してからです。

そういう意味でも確実にスタート地点に立てる保証がついているWebCampProがいいでしょう。

渋谷に通えない人は、侍エンジニア塾のオンラインコースを受講しましょう。

 

AIジョブカレ公式