時間を浪費しないために考えること

キャリアアップでどのプログラムを学習するといいかわからないときにやるべき3つのこと

勉強を始める前に、自分がプログラムを身につけたその先を具体的にイメージしよう

プログラムを勉強しよう、
できればキャリアアップしたい、という人は、
どういう仕事に繋がるか、具体的なイメージをつけるとこからはじめましょう。

 

やるべきことは3つです

1.求人倍率を調べてみる

2.求人を見てみる

3.やりたいことを考える

 

1.求人倍率を調べてみる

よく出ているのは、

 

どの言語での

・求人が一番多いか、

・倍率が高いか、

・平均給与が高いか

 

これですね。

 

この3つのうち、

気になるポイントから言語を見てみるといいでしょう。

 

求人数ランキング

PHP

 

倍率ランキング

 

平均給与ランキング

Python 600万

 

 

ちなみに、アメリカでRuby on Railsが使えると、1000万円レベルの求人もあるみたいです。

スキルは必要でしょうが・・・

 

2.求人を見てみる

求人を見ると、大体どういう仕事で、どういうプロジェクトをするのか、というのが見えてきます。

 

Wantedlyなどで気軽に見られるとはいえ、労働条件なあどの詳しい話を調べるには、エージェントから求人票を見せてもらうのが一番。

 

また、どういうスキルを身につけるべきかを、そこで相談するのも1つの手だと思います。

勉強して、クラウドソーシングでちょっと実務をこなして、スキルが手に入ったところで転職につなげる、なんてことも、昔に比べて簡単に出来るようになってきました。

 

まずは、レバレージスエンジニアに登録して、相談してみましょう。

相談はもちろん無料です。

 

3.やりたいことを考える

求人の具合や、給与、仕事や取れるキャリアパスなど、具体的なイメージが付いたところで、あなたが何をしたいのか、あるいは、これは違うな、って領域がみえてきましたか?

 

これだ、という領域があれば、それに見合った言語を勉強しましょう。

 

Webエンジニアなら、
Ruby on Railsか、PHP、Javascript、jQueryなど。

 

Webデザイナーなら、
Illustrator, Photoshop, Bootstrap, CSSなど

 

組み込みエンジニアなら、
C、C++、Javaなど

 

iPhoneアプリなら、
Swift

 

Androidアプリなら、
JavaかC++

 

ですね。

科学計算や統計は、
PythonやRが便利です。

 

勉強もスクールか、オンラインか、選択肢が様々あります。

あわせて読みたい
プログラミング初心者が勉強を始める前に考える3つのことプログラミングをやみくもに始める前に戦略を立てる プログラミングができるようになると、 エンジニアとしての就職ができたり、 エンジ...