おすすめプログラミングスクール

初心者がiPhone, iPadのアプリ作りを学ぶSwift(スウィフト)スクールおすすめ3選!

iPhone, iPadなどiOSのアプリ開発するならswift(スウィフト)を学ぼう!

日々、iPhoneやiPadを触っていると、

「アプリを自分で開発できたら楽しそうだな」

「こんなアプリがあったら便利なのにな」

と思うこともよくあるかもしれません。

 

でも、

「プログラミングするのは難しそうだな」

「自分一人じゃできなさそうだな」

なんて気持ちにもなってしまいそうです。私もそうでした。

 

でも、やっぱり、自分でアプリが作れるって魅力的だなぁ、と心の中にはあるものですよね。

本を買って独学するか、スクールに行くか、の選択をすることになります。

 

TechAcademy(テックアカデミー)はオンラインで、プロエンジニアがメンターにつくSwiftスクール

TechAcademy(テックアカデミー)は、WebデザインやWebマーケティングとプログラミングが学べるオンラインスクールです。

iPhoneアプリをつくるswift以外にも、人工知能プログラミングに使うPythonWebアプリによく使われるRuby on railsや、WebデザインのためのPhotoshop、Illustratorなど幅広く学ぶことができます。

 

[btn class=”lightning”]オンラインブートキャンプ iPhoneアプリコース[/btn]

 

アプリプログラミングを学びたい、中学生・高校生はTechAcademyジュニアへ!

Tech Academyジュニアは、「webアプリケーションコース」「iPhoneアプリコース」「Androidアプリコース」の3つのコースがある、中学生・高校生向けのコースです。

大人向けのコースよりも安くお得に受けられることから、
プロエンジニアのメンターに刺激を受けながら、自分がプログラミングを仕事にするイメージをつけるのにうってつけのコースです。

大人向けだと、4週間129,000円からのところ、TechAcademyジュニアだと、4週間79,000円で受講できます。



 

CodeCampはマンツーマンでプロエンジニアからスマホアプリのプログラミングを学べるスクール

CodeCampはプログラミングのオンライン家庭教師のようなスクールです。

1コマ90分で、「自習」「授業」を繰り返すのが特徴です。

 

 

 

侍エンジニア塾はマンツーマンでプロエンジニアからスマホアプリのプログラミングを学んで仕事にできるスクール

侍エンジニア塾も、Codecamp同様、オンライン・マンツーマンでプロエンジニアからプログラミングを学べるスクールです。

違いは、就職・独立のサポートがあること。

iPhoneアプリ開発を仕事にしたい、という人は、侍エンジニア塾がおすすめです。