初心者がiPhone, iPadのアプリ作りを学ぶSwift(スウィフト)スクールならWebCamp(ウェブキャンプ)がおすすめ!

iPhone, iPadなどiOSのアプリ開発するならswift(スウィフト)を学ぼう!

 

日々、iPhoneやiPadを触っていると、

「アプリを自分で開発できたら楽しそうだな」

「こんなアプリがあったら便利なのにな」

と思うこともよくあるかもしれません。

 

でも、

「プログラミングするのは難しそうだな」

「自分一人じゃできなさそうだな」

なんて気持ちにもなってしまいそうです。私もそうでした。

 

でも、やっぱり、自分でアプリが作れるって魅力的だなぁ、と心の中にはあるものですよね。

本を買って独学するか、スクールに行くか、の選択をすることになります。

 

WebCamp(ウェブキャンプ)はフルオーダーメイドで、教育が得意なプログラミングスクール

webcamp(ウェブキャンプ)は、渋谷に拠点のあるWebデザインとプログラミングのスクールです。

「1ヶ月のプログラミング・デザインブートキャンプ、WebCamp」
「6ヶ月で年収400万円以上のエンジニアになるWebスク」
の2種類のスクールを運営しています。

WebCampは、「カリキュラムをフルオーダーメイド」してくれるのが特徴です。

何をやりたいか、というところから、何を学ぶべきかをカウンセラーと相談し、目的にあったカリキュラムを構築します。

それを一つ一つ進めて行くわけですが、早く進んでしまった場合や、やりたいことが変わった場合でも、カリキュラムの変更や、上位課題の追加に随時相談して変更してもらうことができます。

基本は1ヶ月のコースを受ける人が多いようですが、1、2、3ヶ月の中から選ぶことができます。

 

WebCamp(ウェブキャンプ)とTech::Camp(テックキャンプ)でSwiftを学ぶならどっちがオススメ?

テックキャンプ(tech::camp)とウェブキャンプ(WebCamp)は名前も似ていることから、よく比較の対象になります。

実際のところどっちがいいのでしょうか?

 

教育工学・反転学習・アクティブラーニング・コーチングをシステム化しているWebCamp

WebCampは教育工学(Educational Technology: EdTech)をシステム化した、WALSを使っています。

さらに、教材はProgate(プロゲート)と提携しています。

 

つまり、Progateの日本中で使われているシステムを使いながら、個々人のモチベーションをWALSで上げつつ、個人に合わせた効率の良いキャリキュラムをカウンセラーがオーダーメイドしてくれる、ということです。

一人で学習していると、なかなかモチベーションを保つのが難しいので、カウンセラーや先生が、ペースメーカーになってくれるのは教室に行く良いところです。また、WebCampは通い放題なので、いつも顔をあわせるメンバーもできるかもしれません。

そうすると、自然とやる気も出てきそうですね!

期間は1ヶ月と短期間ですが、それなりの覚悟を決めて取り組む人が多いようです。

 

主要な都市に教室があるTech::Camp

Tech::campは現在教室の数を増やしていいて、

池袋、横浜、渋谷、早稲田、大阪(梅田)、福岡(天神)など、主要なところにあります。

また、社長の真子さんが、Forbesの注目の20代起業家に選ばれていたり、取締役の中村さんが、IT女子のセミナーで講演をしていたりと、かなり華やかな活動をしています。

教材は、TECH::MASTERというオリジナル教材を使っています。

ちなみに、メンターは大学生が多い、受講期間後は教材が見られず、復習や見直しができない、といった声がきかれます。

価格も1ヶ月で128,000円と、WebCampより1万円高いです。

ただし、TechCampには、WebCampにはないVRコースがあります。

これは間違いなく、C#とUnityを使ったTechcampオリジナルのコースです。

他にUnityを学べるのはTechAcademyのUnityコースと、WebCampが就活生向けに企業とコラボして実施しているコラボキャンプだけなので、レアなスキルを人から教わりたい人には向いているかもしれません。

 

Swiftのスクールで初心者からスタートして学ぶスクールはWebCamp(ウェブキャンプ)がオススメ

やはり、

EdTechに精通していてWALSという教育支援システムがあること

フルオーダーメイドのカリキュラムで、学んでいる途中にやりたいことが変わっても対応してもらえること、

・ハイスピードに課題がこなせて、よりレベルの高いことにチャレンジしたくなった時に、軌道修正ができること、

・本気になった時に起業やフリーランスを目指せる本気のスクールWebスクも運営しており、レベルが高いこと、

・Progateを使っていることから、卒業後も自分の使った教材を見直せること

が大きなメリットですね。

 

気になる人は、WebCamp(ウェブキャンプ)の無料説明会に参加して見ましょう。

もちろんスクールで学べる一番レベルの高いことが何かを探るために、Webスクのカウンセリングに行くのもいいでしょう。
Webスクの説明を聞いて、やっぱり1ヶ月集中のWebCampにする、ということも柔軟に対応してもらえるようなので、やりたいことがもやっとして明確でない人はカウンセリングで相談できるのが一番いいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です