初心者から実践的なエンジニアになるための最速の方法

時代はエンジニアを「大量」に求めている

エンジニアになるなら、早い方がいい

AIやIoTなどの技術が発達して、
今まで以上にエンジニアが求められる時代になってきました。

エンジニアに転職したい人、は、
早くなればなるほど、優位な時代、とも言えそうですね。

なぜかというと、
一つのプログラム言語を習得すると、
他の技術を習得する早さはぐっと早くなります。

プログラム言語が違うと言っても、
どのような処理をさせるのか、共通部分が多いことが多いのです。

エンジニア転職で案件を増やすには、実務経験が重要

そもそも、Web系のエンジニア募集案件であれば、

想定年収400万~800万

・PHP又はRubyでの開発実務経験
・LAMP (もしくはそれに類するアーキテクチャ) でのWebアプリケーション開発・運用経験
・MySQL (もしくはそれに類するRDBMS) の利用経験

などの、条件がついていることがよくあります。

ここで重要なのは、「開発実務経験」です。

仮に書類を通ったとしたら、
面接で、確実にどのような実務経験があったのか、過去のプロジェクトと、現状のプロジェクト推進能力を問われることになるわけです。

これが、実務経験3年以上、となったら、
想定年収が500~900万と、底上げされていく形です。

 

初心者がエンジニアになるなら、
研修がちゃんとしている派遣が手っ取り早い

技術者人材派遣企業では、
研修がしっかりしているところもあります。

なので、そこで派遣技術者として研修を受け、
実務経験を積んでいく、というのが一つの道です。

たとえば、今ブラック企業で働いていて、
仕事以外に勉強する時間なんて全く取れない。

そういう人がキャリアチェンジするなら、
この形が最も負担が少ない形かもしれません。

金銭的負担は特になく、
初心者からスタートすると、年収240万円くらいから、
という感じでしょうか。
(もちろん、場合によって増減はあるでしょう)

ただし、エンジニアと言っても、
フィールドエンジニアとなってしまった場合、
どの程度プログラムの実務経験が積めるかわかりません。

フィールドエンジニアとは、
客先に出向いて、
「PC設置、ソフトウェアのインストール、各種設定」を
する人のことです。

求められているエンジニアは、
「プログラミングができること」
「事業に求められているプログラムを提案できること」
この2点が特に重要です。

だとすると、フィールドエンジニアのやることは、
プログラミングの入り口にはいることはできるかもしれませんが、プログラミングの実務経験を積めるかどうかは、運次第、ということになってしまいます。

その点も踏まえて、転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

初心者からでも、正社員で単価の高い仕事を探すなら、
実務経験の積めるプログラミングスクールがおすすめ

実務経験の積めるプログラミングスクールの特徴

小学校でのプログラミング必修化がニュースに良くなっていますが、
社会人向けのサービスもどんどん増えています。

最初は教育だけを提供しているサービスが多かったのですが、
今では「転職支援」もしている、あるいはそういう会社と提携しているところがほとんどです。

その中でも、数は限られますが、
エンジニアとしての「実務経験」を積むことのできるスクールがあります。

 

「実戦経験カリキュラムあり」のELITES

ELITESは、新宿に校舎のある、

あなたの本気の挑戦を全力で支援するエンジニア養成スクールです。

理念として、

職業エンジニアとして独り立ちし、
世の中にサービスを生み出すことのできる「生産者」を
生み出すことを使命としています。

研修期間は6ヶ月。

独立できるレベルのエンジニアを育成するのは、
通常2~3年かかりますから、
かなり短期集中型のプログラムと言えそうです。

ただ、6ヶ月かけて、
有名企業でも内定を取れるレベルのカリキュラムを
受講することになります。

<ELITESで1人前のエンジニアになるキャリアパス>

ELITESがあっているかどうか、
自分がどういうエンジニアキャリアを歩けるか、
まずは無料相談が可能です。

ELITESはELITESCAMPという、
4日間のスパルタのキャンプから始まります。

ここでさらに、実務経験を積んで、エンジニアになりたければ、
その後の本科を受ける、という仕組みです。

フロントエンド
HTML、CSS、JavaScript、jQuery
バックエンド
Ruby、Ruby on Rails、MySQL
業務管理
GIT、Slack、Linux(Cent OS)
Webエンジニアとして、必要な技術が一通り揃います。

ここで基礎技術と、実務経験を積むことができれば、
その後の仕事の仕方次第では、
年収1000万円クラスのエンジニアになることも可能です。
(当然それなりの努力が必要ですが。)

その第一歩のため、まずはELITESで無料相談してみましょう!

 

エンジニアチーム「SECOND TEAM」での実務経験保証があるDIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEは渋谷にあるプログラミングスクールです。

テキストであるDIVERの一部が無料公開されているので、どういう学習ができるのか、まず見てみることが可能です。

DIVE INTO CODEは、SECOND TEAMという、エンジニアチームを持っていることも特徴です。

こちらも、Ruby、Ruby on Railsを学ぶことができます。

また、DIVE INTO CODEの野呂さんは、
社会人になってから、プログラミングを勉強し、
仕事をしてきた経験のある人です。

そこで、勉強した経験から、
実践的な学習と、
実務経験の重要性を強く認識し、
DIVE INTO CODEを開講するに至っています。

DIVE INTO CODEは、無料説明会の他に、
授業の体験セミナーが開講されています。

=>DIVE INTO CODEの2000円セミナー

DIVE INTO CODEに通うことで、
どのような未来を作れるようになるのか知るために、
一度行ってみてはいかがでしょうか?

=>DIVE INTO CODEの公式ホームページへ!

 

資格の取れるプログラミングスクールで、技術レベルを証明する

LINUX(リナックス)とJAVA(ジャバ)で抜群の実績を持つリナックスアカデミ(LINUX ACADEMY)

プログラミングスクールリナックスアカデミーは、通学するタイプのプログラミングスクールです。

少ないクラスでも、最低150時間の学習時間を設けています。

クラスは8〜16人の少人数指導制です。

1人の先生がきちんと生徒に指導しつつ、生徒同士が切磋琢磨する環境を作るためには、この8〜16人というクラスがベストだと思います。

人数が少なすぎても、生徒の多様性に欠けますが、生徒が多すぎると今度は先生の指導が行き届きません。

これは、仕事として使える技術を身につけるために行く、というプログラミングスクールの特性上、非常に問題のある状態です。

 

汎用性の高いJAVA(ジャバ)を学んで、OCJ-P(Oracle Certified Java Programmer)を取れるリナックスアカデミー

特にオススメは、LAプログラマースクールです。

LAプログラマースクールでは、求人数も多く、他のプログラミング言語を学習するときの基本にもなる、JAVAを学ぶことができます。

 

JAVAはAndroid(アンドロイド)のアプリにも使われています。リナックスアカデミーにはもちろん、アプリ開発のコースもあります。

 

リナックスアカデミーに用意されているコースは、JAVAプログラマーコース、データベースエンジニアコース、Androidアプリエンジニアコースなどがあります。

どのコースでも、OCJ-WC(Oracle認定Webディベロッパー)資格とOCJ-P(Oracle認定Javaプログラマ)を取得するので、JAVAの基礎を習得していると認定してもらえることになります。

資格があると、異業種からの転職の場合でも書類審査に有利

就職活動の時に、書類で落とされた、という経験のある人も多いと思います。

これは、どういう時に起こるかというと、履歴書、職務経歴書に書いてある内容から、入社後の活躍が期待できない場合です。

例えば、飲食店の店長をしていた人が、そのままの履歴書でエンジニアの職種を受けようとしても、なかなか書類が通るのは難しいでしょう。

そのような経歴でも通してくれる会社は、人手の足りない、ブラック企業の可能性が高いです。

しかし、エンジニアは現在も将来的にも足りないとされている、売り手市場の数少ない職種です。

やる気もあって、これからエンジニアになってバリバリ働こう、と決意を固めていたとしても、書類が通らないのではどうしようもありません。

 

リナックスアカデミーは、資格を取れると同時に就職支援にも力を入れています。

リナックスアカデミーにはキャリアセンターがあり、受講生だけが見られる求人情報があります。

また、受講生同士でグループワークを行ったり、面接対策をすることもできます。

さらに、毎月求人企業による合同説明会を行なっていることから、企業の担当者に直接話を聞くこともできます。

 

グループワークや面接対策の中で、新しい環境に活かせるあなたの経験をPRし、志望する企業が何を求めているかわかるようになるでしょう。

 

リナックスアカデミーは、まず無料カウンセリングを受けるのがオススメです。

自分がどういうエンジニアを目指して、どのような企業に入れるかをアドバイスしてもらえます。

何を目指して勉強するのか、目標が明確な方が安心して勉強できてよいでしょう。ぜひカウンセリングを受けて見てください。

=>リナックスアカデミーの資料請求・無料カウンセリング予約はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です