ドロップシッピングで稼ぎたいあなたのためのデザインスクール3選

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングとは、
手軽にネットショップを作って稼げる仕組みのことです。

どんなことをやるか、というと、

・DSP(Dropshipping Service Provider:ドロップシッピングの仕組みを提供している会社)に登録
・自分のお店で売りたい商品を、DSPから選ぶ
・売りたい商品に合わせて、お店を作る
・商品ページを独自にどんどん作る
・商品を欲しがっている人が検索しそうなワードでSEOする

こんな感じの流れですね。

ほとんどアフィリエイトと変わらない、
時間さえあれば、お金をかけずに始められる、
サイドビジネス・副業・お小遣い稼ぎにもってこいのサービスです。

特に、自分のお店がほしい、と思っている人には
よくマッチしているのではないでしょうか。

DSPの登録は無料。有料のところは要注意

その昔、ドロップシッピング詐欺というのが流行ったそうです。

登録料をせしめて(50万とかシステム利用料取ってたところも)、
システムは使えるけど、実際そう簡単には儲からない、とか。

そのため、健全なドロップシッピングのための業界団体、
ドロップシッピングコモンズなんてところもできて、
今あるDSPは詐欺的なところもなく、
登録料・使用料無料で安心して使えるみたいですね。

ただ、副業としてはあまりメジャーじゃないのか、
市場規模はさほど大きくないみたいですね。

もしもドロップシッピング
通販素材
商材王

なんてところが生き残っているDSPです。

もしもドロップシッピングは2016年10月で10周年だそうです。

そこで講演していたトップドロップシッパーの方は、
Webデザイナーの方で、通算7億円の売上を上げているそうです。

いつ始めたのかはわかりませんが、
7年やってたとして、年商1億だと、
結構とてつもないですよね。

だって、個人ですよ?

個人で年商1億。サクッと言ってみたいですね~

新人賞の方は、月商2000万だそうです。

そんなに稼げる人もいるんですね。

 

ECサイトはデザインが命

楽天や、Amazonで買い物しようとすると、よくわかると思いますが、

商品画像がおかしかったり、
サイトがイケてなかったり、
説明がはっきりしていなかったら、

正直買い物する気失せますよね?

上位のドロップシッパーの方は特に、

商品画像をいかにきれいに見せられるか、

というのを重視しているそうです。

なので、商品の生画像を加工するスキルをどんどん上げてくそうです。

あなたが、デザインすでに勉強したことがあるのであれば、
きっと本を読んで、手を動かしているうちに、
イケてるデザインが作れるようになるでしょう。

デザイン未経験者・初心者は先生からセンスと作法を盗もう

学ぶという言葉は真似ぶから来ている。

学ぶにはまず師匠の真似をすることが一番だ、なんてよく聞くことですね。

それはデザインも一緒です。

今は、教育学もどんどん発達しているので、
できれば効率よく学べる所が良いですよね。

 

1か月でWebデザインを学べるスパルタキャンプ「WebCamp」

 

・Webスク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です