エンジニア転職

未経験からエンジニアにキャリアチェンジするか、エンジニアのキャリアアップするなら?

未経験からエンジニアにキャリアチェンジするなら、転職を支援してくれるプログラミングスクールへ

インフラからフロントまで、なんでもこなせるエンジニアになるならJAVAを学べんで資格も取れるリナックスアカデミーへ

リナックスアカデミーは、日本初のオープンソースエンジニア専門校として、5000人以上のエンジニアを輩出している老舗のエンジニアスクールです。

エンジニアの世界は日進月歩。常に新しい技術が開発されています。

そのため、テキストは3ヶ月に1回改定するという徹底ぶり。

そのくらい、教育に対し誠実に向き合っているスクールです。

 

クラスは、開発実績と、教育実績が豊富なエンジニアによる少人数制です。

綿密な指導と、クラスメイトとの切磋琢磨を両立する、バランスの良さが特徴です。

 

 

フルスタックのWebエンジニアとしてフリーランスを目指すなら、フリーランサーと1対1で学べるCodeCamp(コードキャンプ)

コードキャンプのマスターコースでは、HTML, CSS, Javascriptという、ブラウザ上で動くフロントエンドの技術と、PHP, MySQLといったサーバサイドで動くバックエンドの技術を両方学ぶことができます。

つまり、Webサイトに関わることは、自分一人で全てできるようになる、ということです。

このようなエンジニアをフルスタックエンジニアといいます。

 

アメリカなどでは、フルスタックエンジニアがあたりまえです。能力が必要になるその分、報酬も高額になります。

現在世の中一般で足りない、と言われているのは、このようなプロジェクトを一人で完成させられる力量を持ったエンジニアです。

足りない、ということは、希少価値が高いということ。高報酬を得られるようになる可能性を秘めています。

もちろん、最初からそんな高報酬を期待してもいけません。

でも、フルスタックエンジニアの入り口に立たないと、高報酬を獲得できるエンジニアにはなれません。

 

さらに、コードキャンプでは、自分で仕事を取ってくる厳しい世界でしのぎを削っているフリーランスエンジニアに1対1で教わることができます。

プログラミングにとどまらず、エンジニアとしての心構えや、フリーランスの厳しさを学ぶこともできるでしょう。

どのようなことを学びたいか悩んでいるようなら、まずはコードキャンプの無料体験でエンジニアのキャリアを相談してみるといいでしょう。

 

最低年収400万円のエンジニアを目指し、どんどん収入を上げていきたいなら、転職保証と人材紹介のあるWebスク

WEBスクは、6ヶ月の時間と、698,000円の授業料を支払うことで、年収400万円以上のエンジニアへの転職を保証してくるプログラミングスクールです。

仮に、Webスクを受講して、年収400万円以上のエンジニアに転職ができなかったら、授業料は全額返金されます。

 

まずは無料のカウンセリングでエンジニアの仕事の仕方や、転職先の選び方などを相談して、自分の将来にプログラミングがどういきてくるかを考えるといいでしょう。

 

無料でエンジニアとしての将来を相談してみたい人は、こちら。

 

エンジニアとしてキャリアアップするなら、エンジニア転職に強いエージェントに相談しよう

常駐型フリーランスはGeechs Job(ギークスジョブ)

フリーランスには案件単位で仕事を取ってくる、案件型と、
お客さん先に常駐して仕事をする常駐型があります。

常駐型のフリーランスは、企業内エンジニアと、案件型フリーランスの中間的存在で、
安定感もあり、自分で仕事を選びやすいという、いいとこ取りのフリーランスです。

しかし、常駐型のフリーランス案件を得意としているエージェントはあまり多くありません。

そこでお勧めがギークスジョブです。

常駐型フリーランスに特化したエージェントなので、月収を最大化するような案件の提案をしてもらえます。

登録や相談はもちろん無料!

常駐型フリーランスの人や、常駐型フリーランスを目指す人は知っていて損はありません。

一度面談してみましょう!

 
>>geechs job(ギークスジョブ)のWebエントリーへ!

 

AIジョブカレ公式